②③メイキング部
http://23making.blog78.fc2.com/
              
              
              
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★★★ フリースペースです。 ランキングや、WEB拍手にどうぞ。 ★★★
page top
--- tama
ふみコミュお絵かき掲示板で角都と飛段ができるまで


1.始め

1.gif


ポーズを決めたら、だいたいのあたりを描き出します。
人体を描くコツは人それぞれと思いますが、私の場合は
思いきってタテに一本線を描き入れて軸がずれないようにしています。
鼻→アゴ→みぞおち→ヘソ→股間が、極端に言うと直線上にあるイメージです。


2.ラフ

2.gif


ラフは何も考えずにガサガサ描きます。
飛段と角都は忍者の成人男性なので、普通の人よりも筋肉質に描きました。


3.本番

3.gif


詳しい下書きも何もなしに一気に黒線入れ。
マスク機能も使いません。
腕の形や表情や輪郭など、おかしいなと思ったらすぐ描き直します。
もちろん描き直しはできるだけこの時点で終わらせておくと良い。

4.gif


ふみコミュお絵かき掲示板で角都と飛段ができるまで その二


4.線画完成

4.gif


線画は描き直しまくって↑に落ち着きました。
背景部分を黒以外で塗りつぶします。こうすると後が楽なので。


5.カラー開始

4-1.gif


線画の黒と背景の色をNormalでマスクします。
線画がつぶれないのはもちろん、背景にもはみ出さないし楽チン。

5.gif


まず光源を決めます。
つまり、どっちから光が指してるかって事です。
私は光源を忘れやすいので、今回は黒い矢印で光の向きをメモっておきました。
線画の時点で光源を意識しておくと良いと思います。
首の下のベタの向きとかが変わっちゃう事になるので。

そしてカラーですが、私は結構雑なので・・・・
太いペンでガーッと影を入れます。
「色」というよりは「影」という意識で描いています。


6.影

6.gif


暗めの色をチョイスして暗い影を入れました。


7.さらに影

8.gif


頭・布などにも色を入れました。
普通のお絵かき掲示板だと全体的に影を入れるのですが、
ふみコミュのお絵かき掲示板ではパーツごとに色塗ってます。
色が統一性を失わないように注意します。


8.金属部分

17-1.gif


17-2.gif


17-3.gif



金属は濃淡を濃いめに。
逆に、布などは淡い影を入れます。雑ながら質感を意識しています。


9.人物完成

13.gif


人物のカラーが完成。
後ろが寂しいので背景入れます。



10.背景開始
黒マスクを解除し、
背景色のマスクだけ残します。
そして、そのマスクを逆マスク(Der・・・なんとか)に変更。

すると人物を荒らすことなく背景のみに絵を描けます。

12.gif


たまに直線ツールを使いながら下書き無しで背景を入れました。
一応、火の寺が廃墟になった時のイメージですが、適当です。

11.塗りつぶし
背景を塗り終わったら、黒線マスクをOFF。
そしてふたたび背景色を逆マスク。

10.gif


良さげな色を選んで塗りつぶし。



12.背景完成

9.gif


マスクはそのまま。すると先程塗りつぶした部分にだけ色を塗れます。
一色だけの背景では寂しいので、暗い色を入れました。
材木の影をピョンピョンさせて遠近感を出しました。


13.完成

kansei.gif


背景と人物の境界線に白い線を描きました。
黒枠とサインを入れて完成。
光源を決めたわりには飛段の瞳の輝きの位置がおかしいかも・・・


あとがき
私はカラーより線画の完成度に比重を置いています。
カラーは正直言いまして、かなり苦手です・・・・。
構図はできるだけ体全体を入れるように、
二次創作の場合はキャラを壊さないように、
無表情になりすぎないように、
難しい構図でもビビらずに描くように、常に心がけて描いています。
一枚一枚挑戦するような気持ちでこれからも描けたらなーと思います^^




ここまで読んで下さった方、ありがとうございました。

格納庫S tama.
スポンサーサイト
★★★ フリースペースです。 ランキングや、WEB拍手にどうぞ。 ★★★
page top
Copyright © ②③メイキング部. designed by オエカキニッキページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。